FC2ブログ

ありとあらゆる映画ニュース&映画情報、ありとあらゆる映画サイト&映画ブログにリンク!鹿児島から発信!

■asahi.com 映画動員が21年ぶりに1億7千万人突破
http://www.asahi.com/culture/update/0905/015.html

2年ほど前まで、鹿児島では、県内随一の繁華街・天文館に4館劇場が存在していました(成人向け映画館除く)。

観客はほとんど一桁台でしたよ。

観たのが平日であるとかいろいろ理由はあるにせよ、覚えているのではティム・バートンの『ビッグ・フィッシュ』、私を含め観客数5名でした。

そして1年ほど前、天文館にほど近い場所に、「アミュプラザ鹿児島」という、屋上に観覧車がそびえ立つ駅ビルができました。

そこにシネコンが入ったんですね。

確かに、天文館の劇場に比べると観客は多いような気がします。
少なくとも観客数が一桁台ということはない。

こうして劇場で映画を観る人が増え、また映画に活気が戻ってくるのはいいんですけど、天文館での「映画館独り占め状態」も気分良かったですねぇw

やっぱり映画ファンの夢、ホームシアターはいつか実現させたいと思うわけです。

プラズマテレビとかも欲しいなぁ。
誰か買ってくれないかなぁw

スポンサーサイト




Web kagocinema.blog22.fc2.com

現在NHK BSでは「成瀬映画特集」を放映中ですね。

台風の影響で停電に見舞われ、今日放映の『妻よ薔薇のやうに』は録画し損ねましたが、明日からは放映される作品すべてを録画しようと思います。

日本映画史上を代表する巨人といえば、黒澤明小津安二郎溝口健二でしょうが、生誕100周年を迎えた成瀬巳喜男もまたこの3人と並ぶ巨匠中の巨匠。

高校生や大学生の頃は、とにかく「凄い」と言われているのだから見ておかねばと思い熱心に追っていた監督の1人でしたが、それなりの年齢になったいま見直してみるとまた違うのでしょう。

そしてまた、もっともっと年齢を経てから見ると、さらに味わい深い映画になるのだと思います。
まだまだ私には高級すぎる…。

と言いつつも、久々に小津溝口を見直したくなってきました。
録画ビデオを引っ張り出してきて、恐る恐る見直してみるか。

カビはえてないだろーなw

>> Read More

Web kagocinema.blog22.fc2.com

台風14号、タチ悪かった…。

土砂が崩れ落ちる不安もなく、川が氾濫しても無問題な場所に住んでますが、強風には毎回ヤラレてしまう…。今回はとうとうカーポートのアクリル版2枚持っていかれました。停電は毎度のことだし。

嵐に焦点を絞った天災映画って存在するのかわかりませんが、お隣の宮崎では50mの竜巻が発生したそうで。

竜巻といえば『ツイスター』ですか。

竜巻の脅威、というよりは、竜巻を追う人々の執念を描いた映画だと思いますが、どうあれ、観た印象は「う~ん」。当時いくつかのアメリカ映画に抱いていた感覚を『ツイスター』でも体感した記憶があります。

いくつかのアメリカ映画に抱いていた「?」。
それが「!」に変わったのが『ロスト・イン・アメリカ』という映画本です。

コッポラルーカススコセッシなら、決して画面奧の牛をクルクル宙に舞わせて画面の手前に落とすようなことをしない

というような、この樋口泰人さんの序文にはたと膝を打ったのでした。

こうして私の目を見開かせてくれる批評家や評論家やそうではない様々な皆様には感謝してもしきれません。

また映画や世界が面白くなりますもの。
やっぱり映画は語り語られてなんぼです。

>> Read More

Web kagocinema.blog22.fc2.com

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 KagoCinema Life 映画ニュース , All rights reserved.